ここは、SHIBAURAを拠点に、TOKYOを使いこなす、BASEになる。

DESIGN

時代は変わり、交通手段の主流も変化。
それが、イマドキのシバウラ。
時代は変わり、交通手段の主流も変化。それが、イマドキのシバウラ。

SHIBAURA DESIGN 01

クロスバイク、マウンテンバイク、ロードバイクなど、こだわりの愛車のピット空間(全15台)。都心居住者にとって、移動手段の主流となった自転車を保管できるだけでなくメンテも可能。空間に並ぶバイクは、居住者の個性が彩るサイクルコレクション。

サイクルガレージイメージイラスト

ただ置くだけの場所ではない、コミュニティサイクルガレージただ置くだけの場所ではない、コミュニティサイクルガレージ

自転車を置くだけでなく、メンテナンスできるだけでもなく、コミュニケーションを交わしながら、お互いの趣味を深め合うことができるスペース。もちろん自転車ではなくても、様々な趣味や作業に使えるスペースとして利用可能。趣味を軸にしたコミュニティ形成が可能。

参考CGイラスト(A-standard本郷三丁目 2013年5月竣工)

A-standardシリーズの人気空間のひとつ。稼働している物件では、実際にメンテナンスをしながら、居住者同士が会話を交わし、趣味を深めている。

参考CGイラスト(A-standard本郷三丁目 2013年5月竣工)

空間だけでなく、情報や流行をシェアする。
新しい考え方のマンションLIFE。
空間だけでなく、情報や流行をシェアする。新しい考え方のマンションLIFE。

SHIBAURA DESIGN 02

ただ住むだけの賃貸マンションスタイルは、もう古い。マンションをひとつのコミュニティと捉え、様々な業種、ライフスタイルの人々と交流する。情報や流行をシェアできる人たちと過ごせる、かけがえのない貴重な時間となる。

コミュニティラウンジイメージイラスト

過ごし方は自由で多彩。交流に、ビジネスに、寛ぎに。過ごし方は自由で多彩。交流に、ビジネスに、寛ぎに。

最新の雑誌や書籍を読みながら時を過ごすのもいい、ビジネスメールを送りながら誰かと情報交換するのもいい、ベンダーコーナーのドリンクを飲みながらゆっくりと寛ぐのもいい。自由に使える空間を、どう活用するか。それだけで、人生のステージがひとつあがる気がする。

参考写真(A-standard渋谷桜丘 2013年3月竣工)

居住者全員で共有できる大型のウォールマップをコミュニティラウンジに。自由に書き込むことができ、オススメの店などをシェアできる楽しみがある。

参考写真(A-standard渋谷桜丘 2013年3月竣工)
※掲載の完成予想CGは計画段階の図面を基に描き起こしたものに、現地周辺写真(平成28年10月撮影)と合成したもので、実際とは多少異なります。外観の設備機器等は一部省略しております。また、植栽は特定の季節・ご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。※周辺の建物、電柱・架線等は一部簡略化、及び、省略して表現しております。
PAGE TOP